2013年04月26日

都合のいい言葉



ジャイコはほかの人たちが会話しているときに、平気な顔で頻繁に割り込んでくる。

自分と息子が『親子の会話』をしている際、こちらを『じーっ』と睨みながら聞き耳を立てている。
そして、その会話に入ってこようとする。

ジャイコとは全く関係の無い、知らないことの話しでさえそうだ。
適宜スルーしているも、本当に邪魔くさい。

そもそもジャイコは周囲の雰囲気を感じ、それを行動に移すことが出来ない。
『場の雰囲気』というものがだいたいあるだろう。
それが分からないのだ。

茶の間にいると、人の気配に驚くときがある。
入り口の方を見ると扉が数cm開いており、そこからジャイコが聞き耳を立てながら覗いている。
これは初めて見たときもの凄く驚いたことのひとつ。

扉越しに気配を消して聞き耳を立てている時も多い。
やられている方にしてみれば、これも相当気分の悪い行為。

逆に、周囲にその様なことをやられて気分がいい人は、そうはいないだろう。
ジャイコだってその様なことをやられれば嫌なはず。
周囲でその様な行為を行うのは当然ながらジャイコしかいない。

覗き

毎々周囲を不快にさせるジャイコであるが、その自覚が当人には無い。
理由は『鈍感』だから。
鈍感って言葉も都合いいよな!と思う。
「鈍感だから」で許されることと許されないことがあろう。
そこも鈍感だから分からないのであろうか?!

明日からゴールデンウィークへ突入。
ジャイコも長期連休に入る。
ジャイコ、実家に帰らないかな。
もう来ないで欲しいが本心だが。


にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
posted by のび太 at 14:09 | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。