2013年05月31日

鼻から牛乳



良く聞かれること。
「お嫁さんってどの様な人?」と。
それを聞かれると返答に困る。毎回。
ジャイコのことをひと言で言い表すのは難しい。
いろいろな意味で『奥が深い』のである。

最近最も近いかな?と思うのは『だらしない』かな。
頭(髪)はボサボサ、背中からシャツを出している、掃除をしない、ほかたくさん。
いろいろ説明したところで「そんな人がいるの?」と驚かれるだけ。
それだけジャイコはインパクトがあるみたい。

車好きの人がジャイコの車を見れば分かるらしい。
車が錆びてボロボロ、水滴を跳ねない、なにより汚い。
車中に生ゴミを積んで走っていることは息子と自分しか知らない、はずなので。
部屋の中も汚いだろうと容易に想像出来るが、アレルギー体質の自分はその部屋に入らないし扉を開けることも無い。

「いいところもあるんでしょ?」とも頻繁に聞かれる。
これも返答に困る。
いくら考えても無い、周囲に聞いても同じような反応。
敢えて挙げるのであれば「虫を怖がらない」か?
蠅や蚊などを退治して、ティッシュにくるんでゴミ箱に捨てる。
それが出来ることぐらいしか思い浮かばないのが現実。

はえたたき

息子に対し、同様の話しをしたところでなにも帰ってこない。
「なんでこんなやつと結婚した?」と聞くと、当時は(まだ)痩せていて、性格もよく理解していなかったそうである。
出来ちゃった結婚なので『そんなこともあり得るな』とは思う。
ジャイコは息子と出会った頃が、一番痩せていたそうだ。
もともと体格が良かったらしく、一念発起してダイエット。
そして、何とか痩せた頃に息子と出会ったらしい。
はじめて我が家に来た頃は、今より幾分痩せていたかもしれない。
が「似たり寄ったり」だと思う。
いずれにしても、息子より、自分より、いや我が家No,1の巨漢であることは揺るがないことなので。

ジャイコの顔を見ると頭の中に浮かんでくるフレーズがある。
「鼻から牛乳」である。

理由は分からないが、フレーズなどがジャイコの雰囲気などにぴったりである。
嘘だと分かる見え透いた嘘を頻繁に使う。
嘘だとすぐにばれる。
「チャラリーン、鼻から牛乳」みたいな(イミフたらーっ(汗))。

「鼻から牛乳みたいな人」と言ったところで多くの人に理解してもらえるわけは無いが、以前からこの歌?はジャイコにぴったりだと感じている。

にほんブログ村 家族ブログへ
posted by のび太 at 12:35 | 概要 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。