2013年06月20日

別れたい夫、別れたくない妻



6月18日(火)に説教されたジャイコ。
説教が終わった後、自室に戻り息子といろいろ話したらしい。
なにを話したのかは分からないが、言い訳に終始していた模様。
その最中息子からジャイコへ「もう駄目だ、別れよう」と切り出されたらしい。
これは息子から直接聞いた話しなので間違い無いだろう。

息子からジャイコへ向かってこの様な言葉を向けたのは幾度かある。
だが今回は今までに無い強い口調で告げたらしい。
息子も我慢の限界を超えている。
もうジャイコに振り回されるのがトコトン嫌になったのだろう。

正直、その後のジャイコが痛い。

以前テレビなどで『別れたい夫、別れたくない妻』なんて芸能人が騒がれていた時期があった。
それが今どうなっているかは知らないが、息子とジャイコの構図にぴったりなのである。
別れたくない妻が別れたい夫に対し、ストーカーまがいのことをやることも。

説教の翌日から、良き妻、良き母を演じようとしている姿が痛い。
日頃の行動とは異なり、声のトーンも変わっている(´ж`;)ォ・・ォェッ・・・

全ての行動が息子に嫌われまい、ほかの家族に嫌われまいとしている。
例えば、
引っ越してきて(同居をはじめて)から数えるぐらいしか掃除をしたことが無いジャイコ。
いきなり掃除をやっていた。しかも今まで一度たりとも手にかけたことの無い共用スペースへも。
犬の散歩に率先して行くようになった。
執拗に孫の名前を連呼しなくなった。
ほか。
総じて、素直そうに見える。
が所詮は取って付けたものであり身についていないこと。
わざとらしいし、パフォーマンスにしか見えない。

毎回息子に「別れよう」と言われると何日かはこの様な感じになっているジャイコ。
だが今までも長続きしたことなど無い。
短くて1日間。長くても2日間程度。
今回は息子から、今までに無いくらいの強い口調で告げられたため、今までに無いくらいその姿が痛い。
どうせ3日も持たないだろうが。

息子夫婦の離婚危機は今まで数度あった。
ジャイコが100%悪いとは当然言えない。
息子にも当然応分の否はあり、どちらが悪いとは言いがたい。

今までそういった局面になると、息子夫婦二人だけでは喧嘩になるので妹夫婦などが間に入り話をしていた。
その際のパターンもいつも同じなのであるが。
それはお互い直して欲しい点を一点だけ挙げ、双方それを直すようにすることが多いパターンかな。
そんなこと二人で解決すれば良いだけの話しなのであるが、第三者に入ってもらった方が良いと息子夫婦が言うので従っている。
便宜上。基本、ただ同席し座っているだけなのだが。

振り返ってみると過去に数度、相互に直して欲しい点を挙げている。
ひいき目を除いて息子は頑張って直す努力をし直している。
口調や行動など。
そういうジャイコはなにひとつ直っていないように思える。
ダイエットや行動など。

息子に言わせると「俺(息子)は直す。約束したことは。それで揚げ足をとられたくないから」と。
いつも第三者的にその後の様子をみていたが頑張っている様だ。
対するジャイコ。
ダイエットどころか、朝からご飯をお替わりして食べている。
相変わらず食欲は旺盛のようだ。
これじゃ痩せるまい。
行動も直ったところは見つけることが出来ない。
それどころか日々何かがあるので、それが増えていく一方である。

親のひいき目と言われればそれまでかもしれない。
だが現実。

息子夫婦が一緒になって3年が過ぎた。
今までこういうことがあった都度、二人に話をし、別れない方向へ話しを持って行ってた。
だが現状を見ると、二人とも若いんだから今後は違う道を歩んだ方が正解なのかな?と言う選択肢も出てきている。
息子夫婦に言ってることは
1,最後は二人だけで決めろ。
2,周囲を巻き込んで迷惑をかけるな。
3,子ども(孫)のことを最優先に考えろ。
この3点(順不同)で、当たり前のことだけ。

今後どうなるかは傍目で見ていることしか出来ないが、双方の様子を中立的に眺めていようと思う。

※関連記事:知りたがりを説教

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


右斜め下「ぽちっ」とクリックお願いしますふらふら
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ




posted by のび太 at 15:27 | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。