2013年06月22日

ジャイコの性で持ち出し!



ジャイコから車の修理代が振り込まれる。
何故か16万円。
本来なら17万円のはず。
1万円不足した金額が入金された。

車の修理はまだ出していない。
まだ修理部品の注文を行っていないため。
車の部品メーカーに親戚が勤めているので、そこから修理部品を買うことにしている。
部品購入価格(見積もり)は修理工場より安くなるため。
そこへの支払いは『前金』である。
前金で支払った後、入金確認を終えたら部品発注がされる。
納期は即日、遅くても翌日には揃う。

だが板金塗装が必要な修理部品もある。
それは一般の自動車板金工場へ依頼する。
値段はきっと相場だろう。

そもそも今回の修理にかかる見積もりは、全て上記の前提でとっている。

修理期間は1週間から10日間くらいと言われ、来週にはどうしても車を使う用事があった。
ジャイコが我が家の車にぶつけたのは6月12日(水)である。
数日中に修理に出せば来週には直ってくるはずだった。
だが入金されたのは一昨日。
ぶつけてから8日後のこと。

ジャイコには来週車を使わなければいけないこと。
それまでに車の修理を終えなければいけないことなどは伝えてあった。
入金せねば部品発注などを出来ないことも。

金策もあるだろうから、入金が遅れたのは勘弁しよう。
が、入金されたのが見積もりより1万円低い16万円だった。

何故だろう?と考える。
分からない。意味不明。
ジャイコに直接聞いてみたところ、返ってきた答えは
「修理代が1万円安くなるって言ってたので」と。
「は〜」と思いながら考えてみた。

自分から家族に向かって「修理代が1万円でも安くなればいいな」と話していたことを思い出す。
これは決定などでは無く、あくまでも『希望』だった。
そりゃ家族だって支払う金額は安価の方が良いだろう。
だがその後の交渉で安価にすることは出来なかった。
自分が希望を言ったことは覚えていても、結果駄目だったことを忘れ去っているジャイコがいた。

正直ガックリきた。

来週からしばらく当該車は外に出払ってしまう。
出かける前に、車の修理をすることが出来なかったので、外観はおかしいがそのまま出払ってしまうことになる。
これは諦めた。
代車の都合も付かなかったし、ジャイコの金策もあるので仕方なく。
でもジャイコの性で、自分が1万円持ち出すのも馬鹿臭いと思ったが、その金額を訂正せずに行くことにした。
修理に出すのは当該車が戻ってきてからになるが、現時点で時期は未定。

でも人の言葉を自分の都合のいいように解釈し、キチンと記憶しておくこと、記憶しなくても良いことを選り分けて行動しているジャイコには腹が立つ。
決してこの事例だけでは無い。
一事が万事である。

余談だが、今回修理代金の立て替えはジャイコの夫である息子に反対された。
理由は分からないが、だから自分が立て替えることは止めた経緯がある。

関連記事
頼まれないことはするな!
余計なことをさせるな!
ジャイコの性で17万円

にほんブログ村 家族ブログへ
にほんブログ村


右斜め下「ぽちっ」とクリックお願いしますふらふら
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ




posted by のび太 at 14:17 | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。