2013年10月01日

2度目の呼び出し



先日2度目となる離婚調停の呼び出しがあり、息子が出かけて行った。
その中で息子が孫とやっと会えることが決まった。
だがその内容を聞いて家族や親類縁者たちは耳を疑った。

それは会える時間が2時間に限られており、会う時にジャイコも同席するというもの。

息子と孫は実の親子だ。
息子夫婦の離婚は未だ成立していない。
親権の問題は現在調停中。
なんで会える時間を2時間に制限するのか意味が分からない。
じかもジャイコが同席すると。

現在調停では、ジャイコから息子に対して意味不明の要求を多く突きつけられている状況。
こんな状況下で、どの面下げてジャイコは同席するのか。

これらに関し我が家や親類縁者たちはいろいろな考えが錯綜した。
「ジャイコは息子と別れたくないのでは?」
「ジャイコは孫を息子に取られると思ってるの?」
ほかいろいろと。

孫は父親である息子のことが大好きだ。
息子がいれば、孫は息子から離れない。
たとえその場にジャイコが居ようとも。

孫が何もしなくとも、ジャイコの気分次第で孫はジャイコから怒られていた。
そもそも、ジャイコには孫を虐待していた疑惑もあるくらい。
だから孫はジャイコへあまりなつかないのだろう。

息子と孫が会い、何かをしているときにジャイコは何をやっているのだろうか?
そこだけは家族や親類縁者の考えは同じだった(笑)
『立ちながらものすごい顔をして息子のことを上目づかいで睨んでいるだろう』と。
以前書いたが、ジャイコは息子と孫が一緒に入浴しているときにストーカーのごとく付きまとっていた。
※過去記事:カオナシ

今回も似たようになるだろうとは容易に想像できる。
だがジャイコの考えや執念は相変わらず恐ろしいものがある。

ま〜どんな形であれ、息子が孫と会えることはいいことだ。

でも離婚調停が長引きそうである。
まだ2回しか呼ばれていないが、話は相変わらず平行線をたどる。
これを先読みしたジャイコは婚姻費用の請求をしてきたんだろうな。

最近我が家ではジャイコのことが『NGワード』になってきているかも?
ジャイコの名前が出ると、自分だけではなく、息子も不機嫌になるからだろう。

一緒になるのは簡単だけど、別れるのは大変だよな!
なんて思い始めた息子の離婚劇場である。

にほんブログ村 家族ブログへ


右斜め下「ぽちっ」とクリックお願いしますふらふら
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ




posted by のび太 at 13:34 | 離婚調停 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。