2014年03月15日

面会拒否か



先日、息子からジャイコへ連絡をした。
「子ども(孫)へ会いたいから、ショッピングモールで待ち合わせしよう」と。
するとジャイコから来た返事は
「なぜ、そんなところで待ち合わせするの?」と。

息子「子どもを迎えに行くから」
ジャイコ「なぜ?」
息子「二人で遊びたいから」
ジャイコ「子どもを一人で行かせるわけにはいかない」
息子「?」(絶句)

そう、ジャイコは息子が孫と会う際に同席しようとしたのである。

離婚調停中にも同じようなことがあった。
そのときは調停中だったので仕方ないか。。。
と、半ばあきらめモードだった。
過去記事:金の亡者 それはジャイコファミリー

息子と孫が会うことは離婚調停の場で決められたこと。
毎月1度程度会えると。

離婚調停の場で決まったことはさほど多くない。
息子はその場で決まった養育費に関しても、遅れることなく毎月決まられた日に振り込んでいる。
離婚調停の場で決められたことに関し、息子はすべてをきちんと守っている。
その現実が大前提。

そもそも息子と孫は実の親子である。
孫の親権に関しては、離婚調停の場で話し合ってジャイコが持つことに決まっている。

もうすぐ4歳になる孫と、父親である息子二人だけの面会をなぜジャイコは認めようとしないのか。
仮に、息子が離婚調停の場で決められたことをきちんとやっていない。とか、息子が孫に体し何らかの虐待行為などを行っていた。
そういった状況があったのなら、まだジャイコの言い分は理解できるだろう。
だがそういったことは皆無であり、息子は子どもをかわいがっていた。
孫もそれに答えるよう、息子のことが大好きだった。
本当に仲のいい親子だった。

これら一連の経緯(孫と息子の面会について)を、離婚経験のある妹に聞いてみたが絶句していた。
数人の仲のいい友人にも聞いてみた。
皆一様に「(ジャイコの言動が)信じられない」と言っていた。
中には離婚調停を経て離婚経験のある友人もいるが、やはり「信じられない」と言っていた。

息子は離婚調停の場で子ども(孫)と会えることは決まったこと。
それをジャイコが守らないなら相応の考えがある。と。

息子が実子である孫と会えることは決まっていたが、それにジャイコが同席するか否かは決まっていない。
ジャイコはここを逆手にとった格好だ。

仮にジャイコが同席するとして、息子と孫が会っている時間にジャイコは何をやっているのだろうか?
猫背で顔を下に向けながら、上目遣いで息子と孫のことを無言で睨んでいるんだろうとは容易に想像が出来る。
二世帯同居の期間もそういった過去が幾度もあるので。

この結末は近日中に出る。

ジャイコは二人だけの面会を認めるのか否かを。
人間の考え方は千差万別。
どういう答えが出るのか、ある意味楽しみでもある。

にほんブログ村 家族ブログへ


右斜め下「ぽちっ」とクリックお願いしますふらふら
にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ




posted by のび太 at 12:46 | 生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。